習志野市予防接種情報提供サービス

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合には、間隔をあけることが必要です。

生ワクチン(BCG,MR,麻しん、風しん、水痘)※任意接種のおたふくかぜ、ロタウィルス⇒間を27日(4週間)以上あける

不活化ワクチン(DPT-IPV、DPT、不活化ポリオ、DT、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、ヒトパピローマウィルス感染症)※任意接種のインフルエンザ、B型肝炎⇒間を6日(1週間)以上あける

≪戻る