習志野市予防接種情報提供サービス

ヒブ感染症

ヒブ(インフルエンザb型)は、ずい膜炎、敗血症、肺炎など、乳児の重症な全身感染症を起こす病原細菌です。
ヒブは、細菌性ずい膜炎の原因菌として一番多く、特に0~1歳児に多く発病しています。
ずい膜炎は、重い後遺症が残ったり、死に至ることもある怖い病気です。ワクチンを接種することで、ヒブによる感染症を予防する効果があります。
ヒブは冬に流行するインフルエンザとは違うものです。

対象年齢:生後2か月~5歳未満
接種回数:1~4回

・生後2か月~7か月未満で開始(4回)
初回接種:27~56日(4~8週間)までの間隔をおいて生後1歳未満までに3回接種
追加接種:3回目終了後7~13か月までの間に1回接種

・生後7か月~1歳未満で開始(3回)
初回接種:27~56日(4~8週間)までの間隔をおいて生後1歳未満までに2回接種
追加接種:2回目終了後7~13か月までの間に1回接種

・1歳~5歳未満で開始
1回接種のみ




≪戻る